お金を借りるのなら闇金は避けましょう

日常生活を送っていますと、どうしてもお金が足らなくなってしまう事があります。
職場の人や友達などから飲み会に誘われたり、恋人からデートに誘われたのに財布の中にお金が少なかった場合や、どうしても欲しい物があるのだけど予算をちょっと上回った時等々、後少しお金があると助かるのにと思ってしまう事はよくあります。
そういう場合に公衆電話や電信柱等にすぐにお金を貸しますという広告が張られていると、ついつい心が動かされる事があるかもしれません。
しかし、そのような広告に踊らされてお金を借りるのは非常に危険です。
それらはすべて闇金と呼ばれる不正規の金融業者です。
不正規の金融業者は法で規制された金利を超過した高金利で貸し付ける業者です。
さらに、不正規の金融業者は法律で禁止された暴力的な行為や強圧的な行為を伴う形で融資の回収を行います。
もちろん、自宅や勤務先に押しかけます。
しかも、不正規の金融業者は個人情報の管理が杜撰ですので、犯罪組織に流れる事もあります。
その上、トラブルになった時に連絡先に連絡をしても、繋がる保証は全くありません。
このような業者からお金を借りると後になって後悔する事になります。
お金を借りるのであれば、法令を遵守する正規の業者を選ぶ事が非常に重要です。

お金を借りることに関する詐欺の押し貸しについて

押し貸しとは、希望していないにもかかわらず貸し付けを行う事を指します。お金を借りようと思っていないにもかかわらず、自分の口座に現金が振り込まれ、そして、法外な利息を要求されます。このような手口で貸し付けが行われることがあります。
お金を借りる意思がないにもかかわらずお金が振り込まれた場合には、相手の言うように利息を支払うことは必要ないという点に注意をしておきましょう。相手が勝手に振り込んだだけですから、放置していても何らかの責任を問われるわけではありません。ですから、すぐに相手委の口座に送り返すのが良いです。このときに送り返す金額については、振込にかかる手数料を差し引いた金額で問題はありません。そして、再び振り込まれないようにするために、その技巧口座を解約してしまうのが良いでしょう。
お金を借りる予定がないのに振り込まれた場合には、まず警察に相談するのも良い方法です。現住所のある警察署に相談をすれば、詐欺事件として扱ってくれます。トラブルに発展しなかった場合であっても、警察に情報を提供することによって他の人が何らかの被害を受けることを防ぐことにもなりますから、ぜひ警察署には相談しておきましょう。

ソフト闇金を利用してお金を借りること

お金を借りる手段には、銀行や消費者金融機関がありますが、無職で収入がなかったり、ブラックリスト入りされている人は、合法的な金融機関では借りることが出来ません。そのような人たちが最終的にお金を借りるために使ってしまうのが闇金です。
闇金といえば、異常な高金利で金を貸して、暴力的な取り立てをすることでおなじみですが、最近は取り締まりの強化によって、これまでのハードな闇金からいわゆる「ソフト闇金」へと変化しています。
ソフト化した闇金業者が設定する金利は、年数十パーセント程度であり、以前と比べてかなり低くなりましたが、違法な金利であることは変わりありません。顧客を獲得する手段は、すでに利用している人からの紹介というやり方を主に使っています。
紹介者から紹介されて借金をして、その後返済を滞らせると、闇金業者は紹介者へ連帯責任として貸し付け停止をやります。困った紹介者は、延滞をしている利用者に返済の説得をします。そうなると、恩を仇で返すわけにはいきませんので、説得に応じて何とかお金を工面して返すようになります。
さらに、闇金業者は利用者の人生相談に乗るなどの心理的作戦を駆使して、借金を返済させるように仕向けます。しかし、ソフト闇金といえども違法な高利貸しには変わりないですから、やがて返済不能になり、悲劇的な結末を迎えてしまいます。